朝掘りたけのこ タケノコ たけのこ 竹の子 産地直送 通信販売

産地直送!!たけのこ屋の朝掘り露ふくみタケノコの通信販売

たけのこ屋 竹の子 タケノコ 筍
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今日掘った朝掘り露含みタケノコを明日直接 ご家庭の食卓に届けます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎販売期間
★朝掘りタケノコ(4月上旬〜5月上旬)
孟宗竹とは
0
    孟宗竹とは
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    モウソウチク(孟宗竹)はアジアの温暖湿潤地域に分布する竹の一種です。
    種名は冬に母の為に寒中筍を堀り採った三国時代の人物、孟宗に因む。
    別名江南竹、ワセ竹、モウソウダケともいう。

    孟宗竹

    日本のタケ類の中で最大で、高さ25mに達するものもあります。
    葉の長さは4〜8cm程度で、竹の大きさの割には小さい。
    枝先に8枚ほどまで付き、裏面基部にはわずかに毛があり、
    春に黄葉して新しい葉に入れ替わります。

    竹の幹は生長を終えると、木と同様に太くなっていくことがない代わりに、
    枝が毎年枝分かれしながら先へ伸びていきます。
    木での年輪の代わりにこの節数を数えるとその竹の年齢を判定でき、
    年を経ると稈の枝分かれ数が多くなり、葉が増えた結果、稈の頭が下がります。


    孟宗竹の日本国内への移入について
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    中国江南地方原産で日本では栽培により北海道函館以南に広く分布しています。
    801年(延暦20年)に京都府長岡京市の海印寺、寂照院の開山・道雄上人が唐から持ち帰った、
    また1228年(安貞2年)に曹洞宗の開祖・道元禅師が宋から持ち帰った、など
    諸説あるが全国へ広まったのは1746年の薩摩藩による移入によってと考えられています。
    植栽された竹林は、戦後の里山管理の衰退の伴い、放置されていたり逸出していたりして、
    生育域は拡大する傾向にあります。


    孟宗竹の利用
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    タケノコは4月頃に地下茎から発芽します。
    このタケノコは大型で肉厚で柔らかく、えぐ味が少ないため食用に供されます。
    稈は物理性が劣るので繊細な細工物の素材としては劣りますが、花器、ざる、かご、
    すだれ、箸の他、鉄製品やプラスチック製品が普及するまでは建築材料、農業資材、
    漁業資材などとして用いられていました。

    このように手軽に使用できることから、各地で農家の裏や耕作地の周辺などに植栽され、
    竹林として維持・管理されてきました。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    たけのこ屋

    | nokoya | ◇孟宗竹とは | 13:35 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 今年、初のタケノコです たけのこ販売 タケノコ 竹の子 たけのこ屋
      メル友 (10/21)
    • 今年、初のタケノコです たけのこ販売 タケノコ 竹の子 たけのこ屋
      料理の材料 (10/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE